クレジットカードが使えない!10の主な原因とその対処法

「カードが使えない!」クレジットカードのコールセンターでトップ3に入るお問い合わせの一つです。お買い物にレストランでの支払時にクレジットカードが使えないと本当に困ってしまいますよね。では、どういった理由でカードが使えないことが多いのか、主な10の原因と対処法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

クレジットカードが使えない!10の主な原因とその対処法

1.カードの利用枠オーバー

知らず知らずのうちに使いすぎていた、なんてことはありませんか?

ご自身の利用枠はカード申込み時に送られてくる案内に記載があります(明記しない会社もあります)。

手元にないという方は、一度クレジットカード会社に連絡して確認してみましょう。

また、もっと枠を広げたいという方や、海外旅行やショッピングで一時的に多めに使いたいという時にも、利用枠を広げる相談を事前にされることをオススメします。

対処法1:カードの利用枠を確認、現在の利用金額を確認する。
対処法2:利用枠を広げたい場合は相談、場合によっては所得証明等の提出が必要になる場合があります。
対処法3:枠が広げられない場合、今利用している分を振込みなどで先に支払って利用枠をあけることが可能です(必ずカード会社に相談した上で行いましょう)。

2.カードの支払が延滞していた

カードの支払期日に遅れている(銀行口座からの引き落としができていなかった)支払いはありませんか?

人間だからうっかりはつきものです。

もし支払いができていないと気づいたら、カード会社に連絡して支払い日・支払方法について相談しましょう。

対処法1:カード利用代金の引き落としができていたか確認する。
対処法2:カード会社に連絡し、支払い日、支払方法について相談・約束する。
対処法3:カード会社が支払いの確認ができたらカード利用再開できる(通常2-3営業日かかります)。

海外でカードのトラブルに巻き込まれないために
▶︎海外でクレジットカードのトラブルに巻き込まれないための5つの予防法

3.そのお店がカードの取り扱い加盟店ではなかった

店頭やレジのところに取扱いクレジットカードのロゴ(案内表記)があるお店だとすぐに気付けます。

しかし、案内がなかったり、店員さんもよくわかっていないと困ることになります。

クレジットカードの取扱店でも、ご自身のクレジットカードのブランドを取扱いしているか確認してから利用されることをオススメします。

対処法:店頭・レジ・HPでお店の取扱いクレジットカードを確認する。

4.通信回線エラー

カード自体に問題がないのに使えない場合、通信回線エラーや通信障害が起きている可能性があります。

この場合は、お店の方からクレジットカード会社の承認窓口(お客様窓口とは違う専用番号があります)に連絡し、電話で状況を確認、電話承認で対応してもらう必要があります。

対処法:お店の方からカード会社に連絡してもらう。

クレジットカードでポイントを貯めよう!
▶︎クレジットカードのポイントを貯める4つのテクニック

5.カードの磁気エラー

カード裏面の磁気ストライプにエラーが生じるとカード端末機を使ったカード決済ができなくなります(インターネットでの決済はできます)。

この場合カードの再発行が必要になります。

磁気のついたカードを重ねてお財布に入れていたり、マグネットや磁石などを近くに置いておくと磁気ストライプに異常が発生しやすいので気をつけましょう。

対処法1:裏面の磁気ストライプの部分を柔らかい乾いた布で拭いて使う。
対処法2:それでもダメな場合はカード会社に連絡してカードを再発行してもらう。


スポンサーリンク

 

6.不正使用防止のためにカード会社のシステムがストップした

いつものカード使用パターンと異なる利用をした場合です。

例えば、いつもスーパー等で数千円しか使わない方が、海外の高級ブランドで十数万の決済をしようとしたなど本人の利用確認が必要とシステムが判断した場合、カード利用を制限する場合があります。

この場合、お店からカード会社に電話して本人と代わり確認を取ってから承認するケースと、カード会社から本人に連絡を取って確認するケースがあります。

対処法1: 海外旅行やいつもより高額な決済をする場合は、カード会社に事前に連絡をしておく。
対処法2:店頭からカード会社に連絡する。

海外でカードを使われる方はこちらを!
▶︎クレジットカードの海外旅行保険を理解する6つのポイント

7.カードの有効期限が切れていた

カードのEXP(有効期限)月/年(例:05/19→2019年5月末まで有効)は大丈夫ですか?

更新カードが届いていたけど差し替え忘れていた、または、引っ越ししたことをカード会社に伝え忘れていたといった事が実際にあります。

有効期限が切れたカードは使えないのでハサミを入れて破棄してください。

対処法1:有効期限を確認する。
対処法2:更新カードに差し替える。
対処法3:更新カードが見当たらない場合は、カード会社へ連絡し新しいカードを送ってもらう(住所変更が必要な場合は一緒に手続きしてください)。

8.暗証番号を3回以上続けて間違って入力した

不正使用防止のために暗証番号の入力を何度も間違うとカードの利用はロックされます。

暗証番号を忘れた場合は番号の再発行が必要ですので、カード会員本人からカード会社に連絡しましょう。

電話口で暗証番号を伝えることは通常考えられませんので、暗証番号が届くまで待たなくてはなりません。

対処法:暗証番号を忘れた場合は早めにカード会社へ連絡する。

クレジットカードを無くした時の対処法について!
▶︎クレジットカードをなくした場合の対処5ステップ

9.与信の再審査にかけられた場合

カード会社ではクレジットカードの申し込み時以外にも、カード会員の与信審査をすることがあります。

支払いを何度も遅れたり、ローンを組んだり、他のクレジットカードで返済を延滞している場合など、与信的に問題があるとカード会社が判断した場合カードの利用制限をかける場合があります。

与信の再審査をする場合は、電話や手紙で連絡が届きますが、カードを先に止めてしまうこともしばしばあります。

対処法:カード会社からの連絡を待つか、問い合わせをして確認する。

10.お店の方の操作ミス

カード端末の取り扱いに慣れていない店員さんだったりした場合、ボタン操作を間違ってしまったりすると上手く決済ができないことがあります。

対処法:操作のわかる店員さんに代わってもらう。

クレジットカードで自己破産しやすい5つの性格!
▶︎クレジットカードで自己破産しやすい5つの性格パターン

・まとめ

カードが使えない主な理由をあげましたが、店頭でカードが使えないと多くの方が焦ったりイライラしてしてしまいます。

落ち着いて対処すれば店頭で解決できる場合もありますので、まずは何故使えないのか理由を見つけてください。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。