クレジットカードをなくした場合の対処5ステップ

お財布にしまったはずのクレジットカードがない!なんて経験されたことありますか?どんな方でも焦ってしまいますよね。今回は、カードをなくした場合にとるべき対処5ステップをご紹介いたします。

スポンサーリンク

クレジットカードをなくした場合の対処5ステップ

ステップ1.すぐカード会社に連絡してカードを止める

カードが見当たらない場合はすぐにカード会社に連絡をして、カードを止めてもらいましょう。

お持ちのカードの番号や紛失連絡先を手帳に書きとめておくと、いざという時に焦らなくてすみます。

手元にカードの利用明細がある場合は、問い合わせ先とカード番号の一部が載っている場合が多いです。

そちらを用意して電話するとカード番号の特定がスムーズです。

カード番号が不明な場合は名前からカード番号を特定しますが、同姓同名がいる場合は住所・電話番号でさらに特定させていきます。

このときに住所・電話番号に変更があると特定に時間がかかってしまいます。

変更があった場合はカード会社の登録も必ず変更しておきましょう。

カードの利用停止と併せて、カードの最後の利用状況、紛失・盗難時の状況の確認、再発行カードについての案内などがあります。

財布ごと紛失された場合、警察への届け出や他のカード会社への連絡など非常に時間がかかります。

少しでも早く済ませるために、住所の変更等があった場合は、事前に必ず変更しておきましょう。

ステップ2.最寄りの警察に届け出を出す

紛失したのがカバンやお財布ごとだった場合は警察に届け出を出しますが、クレジットカードだけの場合でも届け出を出しましょう。

万が一不正使用が発生したときに警察への届出が必要になります。

紛失したのが海外の場合でも、必ず警察への届け出を忘れずにしましょう。

カードも止めたし警察への届け出も済んで、ホッと一息ついたところ、上着のポケットからなくしたと思ったカードが出てきたなんてこともよくあります。

このままこのカード使いたいと思っても、残念ながら一度止めたカードは復活できません。

カードはハサミを入れて破棄し新しいカードがお手元に届くの待ちましょう。

警察への届け出取り下げは電話でも受け付けしてもらえます。

学生がカードを持つときに注意すること
▶︎学生がクレジットカードを持つときに注意すべきこと

ステップ3.新しいカードがきたら、カードで自動決済している登録を更新

カードが再発行されると番号が変わります。

新しいカードが手元に届いたら、以前の番号で自動決済している公共料金や携帯料金、新聞代、インターネットサービスなどのカード番号変更手続きをしましょう。

書類の再提出が必要な場合もありますが、インターネット上で変更手続きができる場合もありますのでHPを確認してみてください。

面倒だからと手続きを後回しにしているとサービスが停止されたり、滞納扱いにされてしまうことがありますのでご注意ください。

学生のカード利用限度額について!
▶︎学生のクレジットカードの利用限度額はいくら?


スポンサーリンク

 

ステップ4.しばらくの間は明細書を細かくチェック

普段カード会社の明細なんて見ないという方は多いです。

しかし、カードを紛失・盗難された場合は少なくても1〜2か月は明細を細かくチェックされることをお勧めします。

大きな金額で不正使用されればさすがに大半の方は気づきますが、小さな金額を毎月少しずつ使われていて、何年も気づかなかったというケースもあります。

カード会社側が先に不正使用に気付いて対処してくれることもありますが、基本は自分自身での管理が大切です。

明らかに使った記憶のない請求があがってきた場合は、すぐにカード会社に連絡しましょう。

学生はカード何枚まで作るべきなのか!
▶︎学生のクレジットカードは何枚まで作るべきか

ステップ5.見覚えのない請求があがってきた場合

まずは自分が本当に使っていないかよく確認しましょう。

インターネットショッピングだと購入した店名ではなく本社の名前であがってくる場合もあり、分かりにくいことがあります。

利用明細にあがってきている店名でインターネットで検索してみると、会社情報から実際に利用した店名を確認できることも多いので一度試してみてください。

それでも見覚えがない場合は、カード会社に連絡し調査を依頼しましょう。

不正使用の可能性が高い場合は、担当部署で調査を行います。

通常、調査の結果が出るまで1か月、海外の加盟店などでは長くて2〜3か月かかる場合があります。

・クレジットカードの盗難保険について

お持ちのクレジットカードには紛失盗難保険が付帯されていますか?

年会費が無料のカードでもこの保険が付帯されているカードが多くなっていますが、今一度ご自身のカードに付帯があるか確認しておくといざというときに安心です。

なお、この紛失盗難保険は下記の適用条件があります。

条件1.カード会社へすぐ連絡したか
条件2.警察への届け出を出しているか
条件3.カードの管理責任を満たしていたか
条件4.保険対象期間内におきた不正使用か
*届け出した日からさかのぼって60日間というとところが多いですが、カード会社によって違いますのでご確認ください。

本人の過失が原因で不正使用が起きてしまった場合は保険の適用対象外となってしまいますので、注意が必要です。

本人に過失がある場合の例:
・カードが手元にないと分かっていたにもかかわらず放置していた
・カード裏面にサインしていなかった
・家族・友人にカードを貸した場合
・暗証番号を誕生日や電話番号、住所、車のナンバーなど推測されやすいものを設定していた
・暗証番号を書いたメモを一緒にお財布に入れて持っていた等

主婦におすすめのクレジットカード5選!
▶︎使い勝手がいい!主婦におすすめのクレジットカード5選

・まとめ

カードをなくしたときは、いち早くカードを止めることが不正使用を未然に防ぐ一番の有効手段です。

万が一、不正使用の被害に遭った場合に、紛失盗難保険で損失をカバーできるように暗証番号の設定やカードの管理状況を確認してみてください。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。