JCBデビットカードが欲しい!4つの理由

IMG_0403su

「JCBデビットカード1枚あれば、生活が変わる。」少し大げさかもしれませんが、最近注目を浴びているクレジットでも電子マネーでもないJCBデビットカードを皆様はご存知でしょうか?
本記事ではその魅力を余すことなく語りたいと思います。

スポンサーリンク

1.電子マネーより支払いがスムーズ

毎回ATMから現金を下すのは面倒…

JCBデビットカードの魅力は、現金を支払うようにカードが使えることにあります。

電子マネーも同じように使えますが、電子マネーの場合は、あらかじめ現金をいくらかカードに入れておく必要がありますよね。

銀行ATMから現金を下ろして、カードに入金するか、専用の機械にカードをスキャンして口座から引き落とすか、方法はいろいろありますが、現金を入金する手間がかかります。

デビットカードはチャージいらず!

デビットカードは、登録しておいた口座からそのまま、その場で支払いが完了するため電子マネーよりもスマートです。

クレジットカードも同様に使えますが、引き落とし日が指定されているため、使いすぎや、引き落とし日に口座にお金が入っておらず、引き落としができないという心配もあります。

2.現金払いより家計管理がしやすい!

楽天銀行なら年会費は永年無料

JCBデビットカード以外にもデビットカードがありますが、年会費がかかるカードもあります。

楽天銀行から発行する場合、年会費が永年無料。デビットカードを作るなら、JCBデビットカードがよいと思う理由の一つです。

利用状況をネットで確認できる

また、自分で限度額の設定ができるため、使いすぎを防げます。

また、利用状況を会員専用のWEBサイトで確認できるため支出管理もラクラク。しっかり家計管理でき、計画的にお金を使えます。


スポンサーリンク

 

3.使うたびにお得なポイント還元

発行銀行によってポイント還元率はかわるので注意

JCBデビットカードは、手数料がかからずいつでも支払いができ、JCBデビットカードで支払いをするだけで、ポイントも貯まっていきます。

カード発行銀行にもよりますが、ドラッグストアのポイントが2倍になったり、ガソリンが1リットルあたり2円引きになるなど、ただデビットカードで支払うだけで、ポイントが2倍になったり、商品やサービスがお得になるメリットもあります。

楽天銀行デビットカード(JCB)の場合

楽天銀行の口座をお持ちの方が発行できるJCBデビットカードは基本的なポイント還元率が1%と高い還元率を誇っています。

また楽天市場でのお買い物ならポイント2倍となっています。

4.15歳以上であれば発行できる

デビットカードは審査いらず

クレジットカードは与信審査があります。その内容によっては発行できない場合もあり、また申込者本人が18歳からとなっています。

JCBデビットカードはクレジットカードのような与信審査がなく、カード発行銀行に口座があれば申し込みが可能です。

ただし中学生の方はつくることができません。また楽天銀行からの発行する場合は16歳以上となっておりますのでお気をつけ下さい。

JCBデビットカードを発行できる銀行は?

JCBデビットカード発行銀行は

  • ちばぎん
  • 大垣共立銀行
  • 北洋銀行
  • 楽天銀行

以上の4つとなっています。

おすすめは楽天銀行

この中でおすすめは楽天銀行です。

申込書への記入も不要でさらに、印鑑の捺印もなくインターネットで簡単に開設できるネット銀行であり、楽天銀行JCBデビットカードなら、年会費無料で利用100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まります。

楽天市場を利用する方は持っていて損はありません。

JCBクレジットカード 公式ホームページはこちら

あとがき

JCBデビットカードといっても、カード発行銀行によって特典が異なります。それぞれの特典を比較して、一番メリットの多い銀行のカードを選ぶとよいでしょう。クレジットカードでもない、電子マネーでもない便利なデビットカードの魅力が伝われば幸いです。以上「JCBデビットカードが欲しい!4つの理由」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

ahty

ahty

クレジットカード、税金についてレポートしています。趣味は読書と料理、豊富な経験で皆様のお役に立てるように頑張ります!