国内旅行にオススメのクレジットカード5選

shutterstock_147043022済

旅行向けのクレジットカードというと、海外旅行に向いたサービスが注目されがちですが、日本国内の旅行に向いたクレジットカードもたくさんあるんです。
本記事では国内旅行や国内出張が多い方などにおすすめのクレジットカードを厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

〜飛行機の利用が多い場合〜

飛行機を利用する機会が多い場合、やはり気になるのは特典として付与されるマイルでしょう。その場合におススメなのが

「ANAカード」と「JALカード」です。

それぞれのカードの違いも知っておきましょう。

1.ANAカード

ANAカードでは、クレジットカードの利用額に応じてのマイル付与です。またANAカードは、選ぶカードによってポイントが永久的に不滅であり、期限を気にせずに安心して貯め続けることが可能です。

旅行好きには見逃せないANAカード7つのメリット

2.JALカード

JALカードでは、マイルがそのまま貯まります。そのためポイントからの移行といった手間は省かれますが、JALカードのマイルには3年という有効期限が存在しているため注意が必要です。

マイルを貯める!JALカードを利用する8つの理由


スポンサーリンク

 

〜電車利用が多い場合〜

日本国内の電車旅行や、または、通勤通学でJR線を利用している場合にもおすすめなのが

JRの発行している「Viewカード」と「大人の休日倶楽部カード」です。

3.Viewカード

Suicaとクレジットカード機能を合わせ持つカードであり、「Viewカード」は定期券としても利用することができます。
Viewカードのお得な点は、定期券の購入時にポイントが3倍貯まる点を挙げることができます。また、年会費は税抜477円と設定されているものの、利用代金の明細書を12か月間Webでの確認にした場合、600円相当のポイントが付与されるサービスも用意されています。

チャージするだけでポイントが貯まりお得なことはもちろん、オートチャージ機能により改札でストップされる煩わしさが無い点も、ダイヤに余裕がないなど、特に急ぎの移動の場合にも重宝しすることができそうです。

viewカードをフル活用してポイントを貯める4つの方法

4.大人の休日倶楽部カード

こちらもSuicaとクレジットカード機能を合わせ持つカードであり、定期券としても利用することができます。しかし「大人の休日倶楽部ミドルカード」には男性は満50歳~64歳、女性は満50歳~59歳までが対象といった申し込み年齢が設定されていますのでお気をつけ下さい。

申し込み年齢が設定されている「大人の休日倶楽部カード」ですが、リタイヤ、あるいはセミリタイヤをし、これからは旅行でもしたいと考えている人にはもちろん、対象年齢外でも持ちたくなるようなさまざまな特典が用意されたカードです。

JR東日本線とJR北海道線における切符の購入金額が何回でも5%OFFとなります。距離の制限は201kmとなりますが、往復での計算となるため、比較的近場への移動でも十分利用機会を得ることができそうです。

50歳以上の方必見!旅に便利な大人の休日倶楽部カード

〜旅行代理店を利用する機会が多い場合〜

大手旅行代理店「JTB」を利用することが多いなら「JTB旅カード」がおすすめです。

JTB旅カード

「JTB旅カード」の利用において、基本は1%のJTBトラベルポイントが貯まります。入会時には1600ポイントが付与され、その後、一部での利用では追加で付与がなされます。

全国のJTBグループ加盟店での利用であれば、旅行代金10,000円ごとに50ポイント(0.5%)が追加され、トラベルポイント加盟店の場合には、100円ごとに1~5ポイント(1~5%)を追加で貯めていくことができます。

旅好きの最強カード JTB旅カード でポイントを貯める!

あとがき

いずれのクレジットカードにも、国内・海外旅行の傷害保険機能が付いており、国内に飽き足らず海外へと渡航したくなった場合にも安心です。一度行けばもっと行きたくなるのが旅行かもしれません。お得で便利なカードを選び、どんどん旅行機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

投稿者:

ahty

ahty

クレジットカード、税金についてレポートしています。趣味は読書と料理、豊富な経験で皆様のお役に立てるように頑張ります!