日本に現存する最も価値のある昔の硬貨 トップ5

昔の硬貨がタンスの中に眠っていたのを見つけたことがある人も多いでしょう。ここでは、価値のある昔の硬貨を5つ紹介して行きます。タンスの中で見つけた硬貨がこの中にないかどうかチェックしておきましょう。

目次

スポンサーリンク

日本で最も価値のある硬貨をご紹介!

1.旧20円金貨

明治初期の新貨条例によって発行された金貨です。

発行枚数が非常に少なかったことに加えて、海外へ流出した枚数も多かったことから希少価値があることで知られています。

また、当時の物価水準としては20円という金額はかなり高額で、一般の人が使用することはほとんどありませんでした。

発行年度により枚数に大きな差があるため、同じ旧20円金貨でも発行年度が違うと価値が異なります。

明治3年発行のものは46,139枚あるとされており、300万円から450万円くらいの値が付くものとされています。

明治9年発行分は954枚、明治13年のは103枚と極めて少ないため、1,000万円以上の値が付くこともあります。

最も少ないのは明治10年のもので、わずか29枚しか発行されていません。

市場に出回ることはまずないと言えるでしょう。

2.和同開珎

和同開珎は西暦708年に、日本で最初に作られた流通貨幣として有名です。

この年は和銅元年であったことから、和同開珎という名前が付けられました。

中学校や高校の歴史の教科書にも載っており、その名前を聞いたことのある人は多いでしょう。

円形の形をしており真ん中に正方形の穴が空いています。上下左右に1文字ずつ文字が書かれており上から時計回りに読むと和同開珎と読めます。

非常に古い硬貨であるため、その歴史的価値は高いです。

しかし、古いが故に綺麗な状態で残っているものは少なく、保存状態があまり良くないと価値も下がってしまいます。

それでも、コレクターの間では25万円ほどで取引されており、歴史的価値の高さが窺えます。

和同開珎の中でも古和同開珎と呼ばれる種類のものは特に価値が高く、状態が良ければ数百万円の値が付くこともあります。

最も価値のある日本の紙幣をご紹介!
▶︎日本に現存する最も価値のある昔の紙幣 5選

スポンサーリンク

3.旧10円金貨

旧20円金貨とほぼ同時期に発行された金貨です。

デザインもよく似ています。

旧20円金貨ほどではないですが、発行枚数が少なかったことと、額面金額が当時の物価水準に対して高めであったことから価値が高いです。

ただし、旧20円金貨と比べると、価値に差があり、30万円から50万円ほどで取引されることが多いです。

一般家庭のタンスの中などに眠っている可能性も十分にあるため、それらしき硬貨を見つけたら専門家に鑑定をしてもらうといいでしょう。

4.1円金貨

明治初期に発行された1円金貨は、見た目にもけっこう豪華なデザインで純金でできています。

当時の1円の価値が高かったことが分かるでしょう。

発行枚数はそれほど多くはないものの、一般の人でも稀に手にすることがあったとされています。

取引価格は発行年度によって異なり、明治9年発行のと、明治7年発行のが高額で取引されています。

概ね20万円から40万円程度です。同じ1円金貨でも発行年度によっては2万円ほどで取引されているものもあります。

日本の紙幣に描かれた著名人たち!
▶︎日本の紙幣に選ばれたことのある歴史上の人物

5.貿易銀

貿易取引専用に使用された硬貨です。純銀で出来ています。

明治8年と明治11年の発行分が少なめであるため希少価値があります。

20万円から40万円ほどの値が付くことが多いです。

発行年度によってはあまり大きな値が付かないこともあります。

みんなが知らない豆知識!
▶︎福沢諭吉が一万円札の紙幣肖像画に選ばれた3つの理由

まとめ

硬貨は同じ物であっても、発行年度によって価値が大きく異なる場合があります。

また保存状態も取引価格を大きく左右するため、できるだけ良好な状態で保存しておくことが望ましいです。

掃除をしていた古いタンスの中に硬貨を見つけたら、チャック付きの透明袋などに入れて保管しておきましょう。

今最もおすすめの記事!
▶︎【2016年/平成28年】金運(吉日)カレンダー、縁起の良い日まとめ

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。