日本に現存する最も価値のある昔の紙幣 5選

昔の紙幣には、価値が高いものもあれば安いものも存在します。皆さんが気になるのは、日本の紙幣で最も価値のある紙幣は何かということでしょう。もしあなたの家に、今からご紹介する紙幣があれば、お金持ちに変わります。では、日本の最も価値のかる古い紙幣を5つご紹介しましょう。

目次

スポンサーリンク

日本の最も価値のある紙幣を5つご紹介!

1.明治通宝100円券

明治通宝100円券は明治5年に発行された紙幣です。

当時の物価水準においては100円という金額は非常に高額で、支払などで使用することはほとんどありませんでした。

そのため、発行枚数はかなり少なく、24,330枚です。

紙幣として流通することがほとんどなかったため、現在でも入手がかなり困難だとされています。

現在の紙幣と異なり、人物の肖像画は入っていません。

コアなコレクターであれば、数千万円払ってでも手に入れたいと考えている人もいるほどの凄い価値のある紙幣です。

2.明治通宝50円券

明治通宝100円券とほぼ同じで、色だけ違います。

発行された時期は、明治通宝100円券とほぼ同じです。

100円券の方と同様に、当時としては非常に高額であったことから、決済手段として使用されることがほとんどなく、発行枚数もかなり少なめです。

具体的には、23,261枚で100円券よりも若干少ない枚数です。

現在では、昔の紙幣を取り扱っている店舗でも取引されることはまずありません。

しかし、もしそういった店舗に売るとしたら、1,000万円以上の値が付くものとされています。

紙幣に興味のある方におすすめの記事!
▶︎日本の紙幣に選ばれたことのある歴史上の人物

3.旧国立銀行20円券

明治政府が旧国立銀行を設立した際に、それを記念して発行された紙幣です。

発行枚数は88,313枚で明治通宝100円券や50円券ほどではないものの、かなり少ないです。

そして当時としては高額紙幣であったことから、現在では約2,000万円前後の値が付くとされています。

これと似たデザインの旧国立銀行10円券も発行されており、発行枚数が181,781枚と20円券よりも倍以上多いですが、こちらも1000万円ほどの価値を持っています。

20円券と同様に実際に商取引などで使用されることは珍しかったとされています。

他に、旧国立銀行の設立を記念して発行された紙幣は、5円券が581,962枚、2円券が148,094枚、1円券が4,830,130枚あります。


スポンサーリンク

 

4.大黒天100円札

大黒天が描かれている100円札で、発行枚数が15,900枚と極めて少ないことで知られている紙幣です。

その希少価値から幻の紙幣と呼ばれることもあります。

明治初期に発行された紙幣ですが、戦後間もない時期に既にほとんどが回収されており、未回収分は27枚とされています。

現存するものは、1~2枚あるかないかだと言われています。

そのため、市場に出回ることはまずありませんが、もし出回ったとしたら1,000万円は下らないでしょう。

偽造に関する注目の記事!
▶︎世界の偽造されにくい紙幣トップ3

5.大黒天 10円

大黒天100円札と同じく、大黒天が描かれている紙幣は、10円札と5円札、1円札があります。

そのうち、100円札に次いで希少価値が高いのが10円札です。

デザインは表右側に大黒天が描かれており、100円札と似ていますが、細部がやや異なります。

未回収分は6,670枚あるとされています。

鑑定をしてもらえば状態が良ければ250万円ほどの値が付きます。

あまり状態が良くなかったとしても100万円前後の値は付くため、もし大黒天が描かれた紙幣を見つけたら、鑑定をしてもらうといいでしょう。

5円札や1円札も数万から数十万円程度の価値があるとされています。

今最もおすすめの記事!
▶︎【2016年/平成28年】金運(吉日)カレンダー、縁起の良い日まとめ

まとめ

発行枚数の少ない紙幣や、現存数の少ない紙幣は希少価値があり高値で取引されます。

特に、旧国立銀行券シリーズや大黒天が描かれた紙幣は価値が高いため、自宅の押し入れなどで見つけたら鑑定をしてもらって価値を知り、大切に保管しておきましょう。

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。