五十円硬貨誕生と時代背景

shutterstock_11419039済

五十円硬貨は第二次世界大戦後に発行されました。貨幣はその時代と文化に大きく関わっています。 五十円硬貨の発行にはどんな時代の背景があったのでしょうか?
本記事では五十円硬貨の発行と歴史について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

戦後の動乱期に誕生した硬貨

戦後は小銭が「銭」単位だったお金の単位が「一円」が最小単位に変更、それと同時に誕生したのが五十円硬貨だ。

五十円硬貨のデザインは何種類?

この五十円硬貨のデザイン、書籍やネットで調べても三種類しかない。 まずは初期の五十円硬貨、表に菊の花の横側に裏は大きく「50」の数字とシンプルな作り。 昭和三十年発行で五年後に大変化「五十円硬貨に穴」が開いた。 その後一回り小さくなり、表の菊模様が小さくあしらわれた現在のデザインとなった。


スポンサーリンク

 

ニッケル?白銅?硬貨素材の秘密

「ニッケル」「白銅」と文字で書かれても、ピンとこない方が多いだろう。 五十硬貨初期と二回目のデザインチェンジはニッケル製、金属の一つであるがアレルギーを起こしやすい金属としてリストに挙げられている。 現在硬貨に使われているのは「白銅」これは銅を主にしてニッケル10~30%含む合金。 銅なのに銀のような光沢なのはニッケルのおかげ。 白銀が硬貨として解禁になったのは、昭和四十二~三年頃発行以降から。 実は昭和八年以前は使われていた白銅素材の硬貨、しかし「銭」などの硬貨に使われていたので現行硬貨としては初となるが、硬貨の歴史としては復活となる。

あとがき

百円だと思って出すと五十円で、気まずい思いをする事もたまにあるけど、小銭を少なくしてくれる役割を担う無くてはならない五十円硬貨。その発行の背景には色々な背景があったと考えると、様々な歴史があったんだなと感慨深くなりますね。

(参考文献・古銭と紙幣 収集と鑑賞 ~無文銀銭から現行貨幣まで~ 金園社)

(yuzuki)

投稿者:

kou

編集長をしております。このサイトでは「お金」というキーワードをもとに 経済、金融、投資、クレジットカード、電子マネー、実物資産、貨幣、通貨などの様々な情報を発信。皆様のお役に立てる様に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。