実物資産にどんなものがあるのか調べてみた

shutterstock_144646520済

実物資産は現金や証券とは違い「物」自体に価値のある資産のことです。
種類も実に様々で、それぞれにメリットとデメリットがあります。
本記事ではそんな実物資産の種類とそれぞれの特徴について初心者の方でもわかりやすいように説明していきます!

スポンサーリンク

実物資産にはどんな種類があるの?

実物資産の種類としては

  • プラチナ
  • 土地などの不動産

といったものが挙げられます。

実物資産を保有する目的は?

実物資産はその物自体に価値がある資産ですが、資産運用のために持ちます。資産運用することで、将来のためのお金を貯めることができます。

資産運用を始める前に準備すること

  • 投資のやり方を決める
  • 投資の対象商品を知る
  • リスクを知る

資産運用を始める前には、このような準備をすることが大事です。このような準備をすることで、資産運用を始めてから困ることがありません。


スポンサーリンク

 

実物資産それぞれの特徴や注意点

実物資産にはそれぞれ特徴と注意点があります。資産運用を始める前は、これらを考慮して何に投資するか慎重に決める必要があります。

メリット デメリット
インフレに強い 金利に影響される
少ない資金でもできる 利息がない
プラチナ 価値がゼロにならない 出回ると価格が下がる
不動産 収入が安定する 空室、災害がある

あとがき

このように、実物資産にはさまざまな種類があるということが分かります。実物資産を持つことは将来の役に立つことと言えます。しかし、やり方を間違えると大変なことになるので、資産運用する際はまずしっかりとした準備をしましょう。

(rock)

投稿者:

rock

rock

投資・資産運用についてレポートしています。 「初心者の方でもわかりやすく」をモットーに頑張りますのでよろしくお願いします!