中古マンションを購入して後悔した理由。安易に購入してはいけない!

私は2015年の秋に、埼玉県南部のエリアで中古マンションを購入しましたが、失敗してしまったと後悔しています。理由は次のとおりです。

スポンサーリンク

中古マンションを購入して後悔した理由

日当たり

私は中古マンションの東向きの部屋を購入したのですが、これに後悔しています。東向きの部屋というのは早朝の日当たりは良いのですが、正午の時間帯になると早くも陽ざしが入らなくなってしまい、午後2時ころになると完全に陽ざしが入らないことに、住んでから気がつきました。

 

私はこれまで南向きのマンションでしか生活したことがなかったので、向きが異なるとここまで陽ざしが異なるのかと思い、驚いてしまいました。

 

東向きの部屋というのは、とくに冬の季節がつらいです。早朝の時間帯以外は陽ざしが入ってきませんから、昼間から照明をつけていないと部屋の中が暗いですし、とくに冬はつねにエアコンをつけていないと寒くて仕方がありません。

 

約1年間、東向きの部屋で生活してきたおかげで、ほとんど陽ざしに当たらない生活をしていますが、その結果、体調が悪くなっているような気がいたします。血行が悪くなったような気がしますし、室内で過ごしていると気分が重くなってきます。

 

間取り

間取りは3LDKなのですが、新築分譲マンションのようにリビングがベランダに面していません。ベランダに面しているのは、洋室と和室となっており、我が家のリビングは、ベランダ側の部屋と廊下側の部屋に挟まれています。

 

築20年から築30年程度のマンションによくある間取りです。ベランダ側の洋室は子供が使っており、和室は私たち夫婦の部屋です。このため、昼間でも子供が在宅のときは洋室のドアが閉められているため、和室の扉を開けておいても、リビングは暗いです。

 

ですから、リビングは起きている時間帯は常に照明をつけています。それに、リビングにはエアコンを設置できないため、暑い季節と寒い季節の過ごし方が大変だということも、住んでみて初めて気がつきました。仕方がありませんので、冬は石油ストーブを使用しています。

便利なマンションを購入したつもりですが、まさかこまめにガソリンスタンドへ行って灯油を購入する羽目になるとは思ってもみませんでした。夏は、和室に設置してあるクーラーの設定温度を低めにして、なんとかやり過ごしています。

 

また、リビングルームは換気が良くないことにも気がついてしまい、本当に憂鬱な気持ちでいます。

 

ローン

私が昨年2015年の秋に中古マンションを購入した理由は、マンション価格が上昇しているので早めに買わないといけないという焦りと同時に、住宅ローン金利が低いのでいまがチャンスと判断したためです。

そして、銀行にあらかじめ問い合わせたところ、住宅ローンの金利を1.2%で借りられることがわかり、シミュレーションしてもらったところ、4500万円まで借りることができると言われました。

そして、4500万円借りても総返済額は5500万円で済むことがわかったため、なんとなく得した気持ちになってしまったのです。そこで東京都心に立地している5000万円の中古マンションを思い切って購入し、500万円は頭金として支払いました。

 

しかし、4500万円を借りる能力があるということと、毎月13万円を35年間にわたって返済する能力があるか否かという点については別なのだと、最近、思い知らされています。

 

私の毎月の手取り収入は35万円です。そこから住宅ローンと光熱費と、毎月のマンション管理組合へ支払う費用、食費、子供の教育費などを引いていくと、ほとんど貯金をすることはできません。生活していくのがやっとの状態になってしまうことに、マンションを購入してから気が付いてしまったのです。なんと浅はかだったのかと、後悔しています。

 

2階の部屋を買って後悔

 

このマンションを買って後悔している理由のひとつとして、2階の部屋を購入した点も挙げられます。2階の部屋で、しかもマンションのエントランスの真上に位置している部屋を買ったのです。この部屋で実際に生活してみると、毎日のマンションへの人の出入りが多くて、うるさいと感じます。

 

それに、エントランスの前に車が頻繁に停車しますので、エンジン音がうるさいですし、たまにクラクションを鳴らす音がリビングまで聞こえてきますから、住んでいてうんざりしてしまいます。


スポンサーリンク

 

 

隣人の生活音などに迷惑

最後に、このマンションを買って後悔している理由として、隣人の生活音が挙げられます。上の階の住人の足音が、毎日のようにドスン、ドスンと響いてきます。歩くときに、かかとから床に着地すると音が響くらしいのですが、上の階の住人の歩き方がまさにそうなのです。

 

また、右隣の隣人が深夜0時の時間帯になっても窓を開け話して、家族で大声で会話をしているので、ベランダ越しに話し声が聞こえてきて、うるさくて眠れません。

 

何度か苦情を言おうかと管理人に相談したのですが、もう少し様子をみてはどうかと言われてしまい、まだ何の対策も打てていません。我慢している状態なので、困っています。

 

参考記事

住宅購入に関する厳しい現実!住宅ローンに関する5つの注意点

住宅を購入するときにかかる税金