財産を任せる信託銀行がどんなところなのか調べてみた

shutterstock_226737400済

街中に店舗を構える銀行に混じって「信託銀行」という看板を目にすることはないでしょうか?本記事では普段利用することのない人が多い銀行ながら、しっかりと顧客を掴んでいる信託銀行の中身をご説明しましょう。


スポンサーリンク

1.日本の銀行の推移

銀行といえば全国主要都市に店舗を持つメガバンクと地方銀行、そしてネット銀行など様々な種類があります。

メガバンクと言われる銀行は現在4社。「みずほ」「三井住友」「三菱東京UFJ」「りそな」ですが、いずれももともとは13行あった大規模な「都市銀行」のひとつ、北海道拓殖銀行が1997年(平成9年)に破綻。

その後次々と都市銀行が合併を繰り広げ、巨大銀行が3行に絞られました。そして、りそな銀行が国有化されて再建が進んだこともあり、メガバンクの一角と言われるようになりました。

2.信託銀行の推移

メガバンクはグループ銀行を傘下に置いていますが、その中には信託銀行も存在します。

  • みずほ信託銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • りそな銀行の「信託部門」

などがあり、通常の預金業務、貸出業務や決済業務(振込など)、為替業務などを行う傍ら、信託業務を行っているわけです。

他にも中小の信託銀行に加え、地方銀行の中には「千葉銀行」「琉球銀行」「阿波銀行」などの地方銀行も信託業務を行っており、2015年(平成27年)12月現在で、54社が日本国内で信託業務を行っているのです。


スポンサーリンク

 

3.信託業務とは?

信託(しんたく)とは自分の財産を信頼できるパートナーに預け、その財産の管理や処分を行ってもらうことを言います。パートナーは預けられた財産を管理・運営して、その手数料を受け取り、顧客に利益を還元します。

ここで、出てくる登場人物を整理してみましょう。相続の際に信託銀行のお世話になる人が多いのですが、具体例はこのようになります。

まず、財産を持っている被相続人(男性)が老後の財産(金銭、証券、不動産など)をパートナー(信託銀行)預けます。パートナーは預けられた資産のうち、金銭は預金口座へ、証券などは運用部門へ、そして不動産はその貸出利益を出そうとします。この管理費や運用で得られる手数料収入は信託銀行の利益となり、財産そのものを増やした分は、この男性に提供するわけです。

ですが、被相続人である男性が死亡した場合、財産はどうなるのでしょうか?

実は、今度はこの配偶者に財産運用の利益を提供するのが信託銀行の役割になります。つまり、男性の死後に相続財産の運用や管理を信託銀行が行うことで、代々財産の散逸や目減りを防ぐ狙いがあります。素人が手に負えない巨額の財産管理や相続に関わる問題を、信託銀行はライフパートナーとして解決し、守っていくわけです。

4.信託銀行は「お金持ち」だけが利用するところ?

信託銀行は預金残高が数億円の資産家でなければ、利用しないのでしょうか?

実はそんなことはありません。信託銀行とは言っても、市中銀行と同じ口座開設、預金・貸出、投資信託などを行っています。

特に定期預金は最低入金金額が10万円という小口の商品を用意しているところもあり、不動産を取得、売却したい人は土地を元手に運用を行ってくれるほか、系列の不動産会社のネットワークを使って、売買を有利に行うこともできるのです。

また、知らず知らずにうちに信託銀行のお世話になっている人も随分増えています。例えば、会社員の多くは「退職金積立」を行っていますが、その仕組みの中に信託銀行が入っていることがあります。

例えば、毎月2万円、4万円…と給与天引きで退職金の積立を行う際に「ファンドを選んで、運用先を指定する」という社内勉強会に参加する人も多いはずです。これは、預けたお金が信託銀行に渡り、そこで様々な運用メニューに沿って投資されていく仕組み。普通銀行の預金金利では0.5%運用で終わってしまっても、投資に回れば5%、7%ということもありうるわけです。

会社の規模が大きくなれば、社員数も数千人、数万人となりますから、1社の全社員を受け持つだけで信託銀行の手数料は莫大なものになります。また、中小企業の退職金の制度をまとめて扱うことで、より広域地域で信用を勝ち得ることもできるわけです。

あとがき

信託銀行の仕事は、普通銀行の預金貸出や決算といったものと同時に、財産を預かり、運用し、顧客あるいは顧客の指定する人物に運用益を渡す、ということをしています。地方銀行にも信託部門があるところもありますので、気軽に尋ねてみましょう。以上「財産を任せる信託銀行がどんなところなのか調べてみた」でした。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

endo

endo

投資・資産運用・貯金についてレポートしています。 保険会社に勤めていた経験を生かして皆様のお役に立てる情報をお伝えしていきます。