価値の高いカラーダイヤモンド3選

shutterstock_118976386済

ダイヤモンドは透明度が高く、全く傷のないものが最も価値のあるものとされています。しかし、逆に黄色い色やその他の色がついた「カラーダイヤモンド」にも別の価値を見い出し、人気があったり、希少価値のある宝石と捉えて販売されている場合があります。
本記事ではカラーダイヤモンドのうち、特に価値の高いものを3つほど選んで解説しています。

スポンサーリンク

1.レッドダイヤモンド

img_0済
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/honesty_jeweler/18688310.html

ダイヤは色によっても価値を見出す

カラーダイヤモンドは、その色に価値を見い出すものですが、通常は無色透明のダイヤモンドのほうが価値があるとされ、グレードの低いダイヤモンドほど、黄色い色をしています。

同じ黄色でもはっきりとしたイエローカラーのダイヤモンドには、その美しさに価値を見い出すことがあります。

最も珍しく最高級の価値

カラーダイヤモンドの中でもレッドカラーは、最も珍しい部類に入るため、値段も他の無色の石よりも数倍になることがあります。

同じレッドカラーでも、鮮やかな色をしていて、より輝きの強いダイヤモンドのほうが価値が高いと認められています。

レッドダイヤモンドは、ピンクが濃くなってできたものですので、もともと産出量の少ないピンク色の中の特別な色がレッドダイヤモンドだといえるでしょう。

具体的な価格は、数千万円から数億円といったところです。

2.グリーン、パープルダイヤモンド

29178-05-640済
出典:http://item.rakuten.co.jp/tanodiamond/29178-greendiamondtreatloose/

アメジストのような色合い

レッドダイヤモンドに次いで珍しいカラーのダイヤモンドといえば、グリーンやパープルのカラーダイヤモンドです。

グリーンやパープルはアメジストのような色を想像してしまいますが、ダイヤモンドにも存在しています。

あまり見たことがないという意味では本当に希少価値があるものと考えてください。

天然色の見極めが難しい

特にグリーンダイヤモンドは、天然色なのかどうかを判断することが難しいようです。

人気のカラーは同じグリーンでもアップルグリーンになっています。アップルグリーンダイヤモンドは、蛍光色というべき非常に目立つカラーになっています。

パープルダイヤモンドは、珍しいダイヤモンドですが、ピンクダイヤモンドにも分類されることがあります。石の色の程度が濃いと少し価値が下がりますので注意してください。


スポンサーリンク

 

3.ブルーダイヤモンド

37833-05-640済
出典:http://www.j-tano.com/SHOP/37833.html

無色透明よりも価値が高い場合も

ブルーダイヤモンドもなかなか手に入らないので価値があります。

こちらもレッドダイヤモンドと同じくらいの価値のある石です。

ダイヤモンドの評価基準には4つのCがありますが、カラー以外のCが同じグレードだったとすると、無色透明のダイヤモンドよりも数倍の価値があることが多いようです。

市場にもなかなか出回らない

ブルーダイヤモンドは、レッドダイヤモンドと同等の評価を受けています。世界中で見ても採掘される量がほとんどなく、市場にも出回っていません。

ブルーダイヤモンドはカラーの美しさに加えてその希少価値が評価され、数億円から数十億円の価格が付くこともあります。

写真でしか見たことがない人も、宝石店や博物館に展示されていることがあります。そこまでいくと、超富裕層が取引するカラーダイヤモンドということになるでしょう。

 

あとがき

ダイヤモンドの品質は、4つのCが基準になっており、そのうちのカラー、色については、無色透明であることが最も高い評価になっています。ところが、別にカラーダイヤモンドといって、無色透明ではなく、一定の色彩を放つダイヤモンドにも希少価値を認め高額で取引されています。例えば、レッドダイヤモンド、グリーンダイヤモンド、ブルーダイヤモンドです。これらのカラーダイヤモンドは、それぞれのカラーの放つ輝きの美しさを重視し、石の色が濃くなるほど評価は下がってしまいます。また、希少性が高いため市場で取引されることも少ないようです。以上「価値の高いカラーダイヤモンド3選」でした。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。