ダイヤモンドのグレードを分ける4つのCとは

shutterstock_132329216済

ダイヤモンドは慎重に選ぶべきです。そして、一番メジャーとされているダイヤモンドの選び方は、4つのCを基準にした方法です。
4つのCとは、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティー)、Cut(カット)の頭文字を取ったものです。この4つのCの言葉の意味を知り、いいダイヤモンドを選んで大富豪への道へ挑戦しましょう!

スポンサーリンク

1.Carat(カラット)とColor(カラー)について

① Carat(カラット)

最初のCはCarat(カラット)です。カラットは、重量のことを表しています。

ダイヤモンドの平均サイズは0.3カラットになっていますが、小さくても品質のよいダイヤモンドを選ぶことが重要です。

ちなみに1カラットは0.2gとなっています。カラットは重量ですが、重さが重くなると価格は2倍ではなく2乗になります。大きければ大きいほど重量も重くなりますので、値段が跳ね上がるということになります。

② Color(カラー)

Color(カラー)については、透明に見えるダイヤモンドにも色がついています。

カラーグレードはDからZにまで分類され、最高のカラーは、無色透明のDカラーです。

グレードが下がると黄色味がつくようになり、Z以上はカラーダイヤモンドと呼ばれています。

黄色いダイヤモンドには金銭的価値がなく、無色透明のダイヤモンドが最も価値のあるものとされています。

2.Clarity(クラリティー)とCut(カット)について

③ Clarity(クラリティー)

次はあまり聞きなれないClarity(クラリティー)です。Clarity(クラリティー)は、透明度を表しています。

Clarity(クラリティー)のグレードは、FLからI3まで分類されており、透明度は最高のFLなら肉眼ではなく、10倍ルーペで見ても、全く傷のない状態を表しています。

そして、VSクラス以上は、肉眼でのキズや内包物が全く確認できないダイヤモンドを指しています。

IF→VVS→VS→SIといった順番にグレードダウンしていきます。

高級だと言われているのは、VS以上です。IFは最高グレードですが、同時に希少グレードとも呼ばれ、そう簡単に手に入るものではありません。

④ Cut(カット)

Cut(カット)は、GIA基準の見本のカットと比較し、正確にカットされているのかどうかがグレードの良し悪しを決定します。

ExcellentからPoorまであって、EXcellentは極上を意味し最高レベルのカットだと言われています。

最高レベルのカットであれば、光を受けて輝きを強く放つようになります。


スポンサーリンク

 

3.自分の目で判断できないときは鑑定書をみる

素人には難しい

ダイヤモンドのグレードは4つのCで決まります。

これは今までのポイントで紹介したわけですが、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティー)、Cut(カット)の基準を素人が見分けようとすると、必ず失敗します。

細かい傷やダイヤモンドのカット基準、色の良し悪しなどを知るには、いろいろなダイヤモンドを見ていないと難しいでしょう。

第三者機関が発行したものであること

そして、最も価値のあるダイヤモンドを見分ける力も簡単に養うことはできません。そこで、ダイヤモンドの4つのCに基づいて品質評価を記載した鑑定書をつけているダイヤモンドを選ぶべきです。

その鑑定書も販売店が発行したものではなく、第三者機関が発行した鑑定書がより公平な評価だということになっています。自分の目利き力と鑑定書のグレードとが合致しているのかどうか見比べてみるといいでしょう。

 

あとがき

ダイヤモンドには鑑定書や鑑別書がその品質を証明するものですが、品質評価の際に4つのCが基準になっていることを知りましょう。4つのCとは、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティー)、Cut(カット)の頭文字です。それぞれ重量、色、透明度、正確なカットがダイヤモンドの品質の良し悪しを決めるものです。自分でも判断できますが、第三者機関が鑑定した鑑定書をつけたダイヤモンドを手に入れるようにすれば安心です。以上「ダイヤモンドのグレードを分ける4つのCとは」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

masariya

masariya

投資・実物資産・貯金・預金についてレポートしています。 投資は情報戦、皆様が得したと感じてもらえるような情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願い致します。