純金積立を理解する5つのポイント

shutterstock_112541003済

金投資を行なう方法の1つに純金積立というものがあります。聞いたことはあるけれど一体どんな投資なのかわからない…という方も多いのではないでしょうか?
今回は投資初心者の方でもわかりやすいように純金積立について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.純金積立って何?

まず疑問に思うことが「純金積立って何?」ということですよね。純金積立は定期的に金を一定額で購入する投資のことです。

月々1000円から始めることが可能となっており、貯金のような感覚で投資をすることができます。

2.純金積立はどういう仕組みなの?

純金積立では購入した金は購入者の手元に届くのではなく、純金積立を申し込んだ機関で保管されます。

金を買い付け、その日の金価格が高い時には買付量は少なく、価格が安ければ買付量が多くなる仕組みです。

3.具体的にどうやるの?

純金積立は純金積立を取り扱っている機関への申込が必要です。純金積立を取り扱っている機関には、銀行や証券会社などがあります。

4.純金積立の特徴

  • 手間がかからない
  • 少ない資金で始めることができる
  • 初心者にピッタリ

このような特徴があります。

「少ない資金で始めることができる投資である」ということを抑えておきましょう。


スポンサーリンク

 

5.純金積立にかかる費用

手数料にはこういったものがあります。手数料は機関へ、口座、売却益によって変わってきます。

何にかかるのか 何に影響されるか
購入手数料 金を購入するとき 機関
売却手数料 金を売却するとき 機関
年会費 口座の使用量 口座
スプレッド 売買額の差 売却益
純金積立にはこのようなものが手数料がかかります。こういった手数料がかかるところがリスクの1つですね。
手数料は上記の様々な状況に応じて刻々と変化していきます。

あとがき

純金積立はこのような投資となっています。とても簡単に始めることができるので、投資初心者の方にオススメです。これから投資を考えている、銀行だと金利は低いし、株式やFXはリスキーで怖い…そんな方は是非始めてみてはいかがでしょうか。

(rock)

投稿者:

rock

rock

投資・資産運用についてレポートしています。 「初心者の方でもわかりやすく」をモットーに頑張りますのでよろしくお願いします!