金地金を理解する5つのポイント

shutterstock_147912551済

金価格が上昇を続けるなかで、金投資に興味を持つ方が増え続けています。その中でも金地金はハイリターンが見込める投資として人気があるようです。
そこで本記事では投資初心者の方でも分かりやすいように金地金がどのようなものかについてみていきましょう!

スポンサーリンク

1.金地金って何?

金地金という言葉だけではどういうものなのか分からないという方もいらっしゃるはず。
地金とは金属を固めたもの指します。つまり金地金とは金の延べ棒のことで、ゴールドバーとも呼ばれます。

2.どんな種類があるの?

金地金には様々なサイズがあり100gのものや1kgのものまであります。
これらのサイズによって値段が変わり、それぞれの品位や重量を保証する刻印が押されているのです。
金地金は金地金を取り扱っている会社やお店から購入することができます。

3.いくらぐらいで購入できるの?

値段は取り扱っている会社やお店によってさまざまなので、一概にいくらとは言えません。1kg当たりの値段は400~500万円程度となっています。会社やお店によって違うので、値段は購入先で確認する必要しましょう。


スポンサーリンク

 

4.購入する際の注意点

  • 500g未満の購入だと手数料がかかる
  • 値段をしっかり確認する必要がある

500g未満の購入だとバーチャージという手数料がかかるので、最低500g以上の購入した方が堅実ですね。

5.金地金でかかる税金

所得などが一定額以上になったら確定申告をしなければなりません。いくら以上になったら課税されるのかしっかり確認する必要があります。

種類 タイミング 金額
消費税 金を購入する 購入代金の8%
所得税 金を売却して利益を得る 売却価格から経費、控除額を引いた額
相続税 金を相続しする 相続人の課税金額をたした額
贈与税 金を贈与する 贈与金額による

あとがき

金地金にはこのような特徴があります。購入する際はなるべく多く購入された方がお得なので、資金に余裕があれば500g以上購入して金地金を始めてみるのもいいかもしれませんね。

(rock)

投稿者:

rock

rock

投資・資産運用についてレポートしています。 「初心者の方でもわかりやすく」をモットーに頑張りますのでよろしくお願いします!