アパート経営を選ぶ5つの理由

shutterstock_66147286済

不動産投資には、マンション、不動産投資信託などいろいろな方法がありますが、アパート経営にはどんな特徴があるのでしょうか?本記事では押さえておきたい5つのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

1.土地はなくならない

マンションや不動産投資信託(REIT)などが主に上物に投資するのに対して、一棟買いのアパート経営の場合最終的に減価償却されたアパートとその「土地」が残ります。

このことは他の不動産投資と比べ、アパート経営の大きなメリットと言えるでしょう。

アパート経営も長年続けるうちに建物が老朽化していくのは避けられず、建替えやリフォームなども考慮しなければなりません。しかし一方で、将来はアパートを撤去して自宅を建てたいと思っている方もいます。そのときに、アパートローンを既に支払い終えていれば、建物を撤去しても土地だけが手元に残り、再活用できるのです。

また運用次第では自宅建築費用も用意できる可能性もあります。

2.老後の安定的な収入が得られる

一般的には賃料収入は安定していると言われます。

もちろん、空き室問題はありますが極力そのリスクを排除することで、家賃収入という安定した収入を見込むことが出来ます。入居される方も数ヶ月借りるという方は少なく、数年単位、あるいはもっと長期に借りることを考えても安定しているといえるでしょう。

適切な管理と運用を心がけてアパート経営をすることが、同時に老後の年金作りにも繋がっていくのです。公的年金や企業の退職金など、その運用が危ぶまれる昨今において、自ら将来の年金計画を作ることはとても大切なことですね。また、勤務されている方であれば、在職中にローンが払い終わるように設計しておけば、それ以降入ってくる家賃収入はすべて利益となるのです。


スポンサーリンク

 

3.生命保険代わりになる?

通常、アパート経営にあたっては、銀行でローンを組むことが多いと考えられます。

その場合、契約者であるオーナーに万一のことがあったら、銀行は貸し出したお金を回収できなくなるリスクがあります。そのため、ほとんどのケースで、オーナーに万一のことがあったら、その時点でのローン残高を帳消しにしてくれる「団体信用生命保険」という生命保険に入ることになります。よく団信と呼ばれていますね。

この団体信用生命保険によって万一の際にはローンが全て消えてなくなり、アパートだけがご遺族に残るのです。そこから発生する家賃収入は、全てプラスの利益と変わりますので、大切なご家族をアパートが代わりになって守ってくれます。まさに生命保険の機能も併せ持っていると言えるでしょう。

4.節税効果に期待

アパート経営には、建物の減価償却費やローンの金利、固定資産税など様々な必要経費があります。その中でも減価償却費や青色申告時に利用できる専従者給与や特別控除は金額も大きいため、不動産所得の削減に大いに役立ちます。

例えば、不動産所得以外にも給与所得がある場合、それを合算した所得がその年度のあなたの所得となります。しかし、「損益通算」という制度があり、特定の所得が赤字となる場合は、決められた順序で他の所得の黒字を差し引くとこができるのです。

つまり、不動産所得は必要経費が多く計上できるため、賃料から必要経費を引いたときに赤字になる場合は、その赤字金額を給与所得から差し引くことができ、その結果全体の所得税を減らせる効果が期待できるのです。

5.インフレに強い

インフレとはお金の価値が下落することを指し、一般的には物価が上がることです。わかりやすく10%のインフレ率で考えてみるとどうなるでしょう。今年10万円で買えたものは来年には11万円出さなければ買えなくなる事を意味します。また、銀行預金の金利が5%だとしても、10%のインフレが起これば、実質的にその価値は目減りすることになります。

インフレに弱い現金に比べて、不動産(土地)はインフレに強いと言われています。アパート経営の場合、インフレになれば土地価格の上昇や賃料の値上げが起こります。インフレに強いアパート経営を行うことは、現金の価値が下がったときにもそのリスクを補ってくれるとも言えますね。

あとがき

本記事ではアパート経営について特徴をあげながら説明しました。アパート経営は、不動産投資の中でもマンションなどに比べて小資本で始められると言われます。仕組みやメリットをしっかり理解して、安心できる将来をつくりましょう。近々アパート経営をするための手順を詳しく説明する予定ですのでどうぞよろしくお願い致します。ここまでご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。