マンション(ワンルーム)投資を選ぶ3つの理由

shutterstock_133867946済

実際に自分が住むために購入するより、投資目的で購入する人のほうが多いといわれるほど人気が高まっているワンルームマンション投資。他の不動産投資と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?
本記事ではその特徴やメリットについて説明していきます。

スポンサーリンク

1.投資がやりやすい

1000万前後からの投資が可能

マンションやアパートを購入となると、一般的には多額の資金が必要になります。

一説によれば、都内では木造アパートで5000万円前後、鉄筋コンクリートのマンションでは1〜2億円程度必要になるようです。

それに対して、ワンルームマンションは、1000万円前後からの投資が可能と言われており、建物を建てることに比べると少ない資金で投資できるのが魅力です。

一度に大きなお金を投資しなくても、数年間かけて部屋数を増やしていくというような計画を立てることも可能であり、サラリーマンの副業としても始めやすいこともその人気の秘密でしょう。

経営が簡単

手間がかからないのもワンルームマンション経営の魅力でしょう。

一棟マンションや一棟アパート経営では

  • 入居者の管理
  • 設備点検
  • 建物の修繕

など時間と労力を使う場面が多々あります。

ワンルームマンションでは、入居者が決まれば、毎月の家賃が振り込まれるのを確認するだけでいいのです。

副業にもおすすめ

マンションには、管理会社が入っているところがほとんどなので、決められた修繕積立金や管理料を支払えば、あなたが動いてまわるような面倒な管理業務もありませんし、時間を束縛されることもほぼありません。

この身軽さは、サラリーマンの方でも苦にならないレベルであり、より一層ワンルームマンション経営を推し進める要因となっています。

2.比較的安定した資産である

利回りがよい

ワンルームマンションの表面利回り(家賃×12÷購入価格×100)は、物件によっても異なりますが都内の平均で4〜7%と言われます。

現在、銀行にお金を預けてもほとんどお金は増えない時代ですので、この利回りはとても魅力ですね。

わかりやすく預金利回りを0.5%、ワンルームマンション利回りを5%とした場合に比べてましょう。

銀行に1000万円を預金すると0.5%の利回りですから、5万円増えます。

一方、1000万円のワンルームマンション経営では、5%の利回りですから50万円増えることになります。

ただし、固定資産税など必要経費を加味した実質利回り(家賃×12−必要経費÷購入価格×100)は表明利回りよりもやや下がりますので注意が必要です

将来の年金代わりになる

これは、アパートやマンション、あるいは駐車場経営などにも共通して言えることですが、不動産投資は安定した収入が得られやすいです。

また、老後資金としては預貯金や退職金というお金もありますが、これは使えば使うほどどんどん減っていくので、使うのが怖くなります。

しかし、家賃収入は空室リスクなどを除外して考えると、毎月毎月、一定額が入ってくるのです。家賃収入分を1ヶ月で消費しても、翌月にはまた同じ金額が得られるので安心して使うことが出来るのです。

これは、不動産経営を行う上でのメリットであると同時に、公的保障の期待できないこれからの時代には、あなたに大きな安心をもたらしてくれることでしょう。


スポンサーリンク

 

3.節税対策にもなる

富裕層に人気

これも他の不動産投資と共通するところですが、ワンルームマンションの場合には、小資本から始めやすいこともあり、比較的高所得な人が節税を目的として購入しているケースが多いという特徴もあります。

ワンルームマンションの部屋を所有しいれば、税金が安くなるというものです。

経費扱いとなる

特に投資初期の時期にはローンの返済額よりも家賃収入が多くなっていても、ローン金利、減価償却費などの諸経費を計上することで帳簿上は赤字にすることができる可能性が高いのです。

その赤字は、給与所得から差し引くことが認められているので、その分全体の所得税や住民税を減らすことが可能となるのです。節税しながら実収入が増える?ということが起こりえる訳ですね。

 

あとがき

ワンルームマンション投資は、他の不動産投資に比べると始めやすい特徴があります。いかに空室を出さないかがポイントとなりそうです。あなたの将来の安心に向けて「減らない年金作り」はいかがですか?以上「マンション(ワンルーム)投資を選ぶ3つの理由」でした。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。