不動産投資信託を選ぶ5つの理由

shutterstock_175786865済

不動産投資信託(REIT)とは、多くの投資家がお金を出し合うことで、オフィスビルやマンションなど複数の不動産などに投資し、間接的に所有することでその分配利益を得る商品です。一体どんなメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

1.小額からの不動産投資が可能

一般的に不動産を所有するというと、多くの資金が必要であり、管理も大変というイメージが浮かびますよね?

それに対して不動産投資信託(以下REIT)では、数十万円から(銘柄によっては1万円からというものも)の投資が可能です。

個人では購入不可能と思われる不動産であっても、REITで多くの個人投資家が小額のお金を出し合うことで、大きな金額となり、不動産を共有することが出来るのです。
また同じ資金でも、複数の不動産への投資が可能となるため、分散投資の効果もあります。

REITに投資するということは、自分で現物の不動産を所有しなくてもオーナーになれるということです。数十万円の投資で一等地のオフィスビルやショッピングモールなどのオーナーの仲間入りも夢ではないのです。

2.分散投資でリスクを軽減

REITでは、それぞれの投資方針に則り、数多くの不動産に投資しポートフォリオを構築するという分散投資を基本としています。単独の不動産所有では空き室発生が即収入源となりますが、複数の不動産への分散投資が出来るREITの場合はそのリスクも軽減されます。

現物の不動産を個人で所有するとなれば、その売却や賃貸管理、メンテナンスなど素人には煩わしい作業がつきものですが、REITの場合はあなたはお金を出すだけでいいのです。

多くの投資家から集めた資金をREIT運用会社が効率よく投資してくれて、その運用、管理も経験豊富なプロが行います。そして、その不動産の稼動・収支状況も定期的に開示されますので、あなたはその状況を確認することが出来るのです。


スポンサーリンク

 

3.流動性が高い

REITは証券取引所に上場しているため、状況次第でいつでも売却できるのも魅力のひとつです。

固有の不動産を所有していると、買いたい人を探す事から始まり、不動産仲介会社に頼んだりという手間や手数料も発生します。それでも、すぐに買い手が見つかればいいですが、なかなかマッチングがうまくいかなければ簡単に売却できないケースも多いのです。

つまり、あなたの思うとおりに事が運ばないことも多く、換金できないことで次の計画に支障が出ることもありえます。一方、REITは株式と同じように市場で売買されるので、換金するための時間や手間もかからず、あなたの投資計画をより自由度の高いものとしてくれます。

4.高い分配金

投資をするにはいくつかの目的があるはずですが、最も多くの方がその目的として「自分の資産を増やしたい」ということをあげることでしょう。

REITでは、主に不動産の賃貸料により資産運用をしていますが、安定かつ定期的な収入が見込めるため、一般の企業よりも収益の変動は少ないといえます。

また、その収益から必要経費を差し引いた配当可能利益の90%以上を投資家へ分配するという要件を満たせば、法人税が免除されるという仕組みがあります。通常の株式などと比べ法人税がかからない分、投資家への高い分配を実現することが出来るのです。これが一般株式などに比べ、REITが高利回りと言われる所以ですね。

5.インフレ対策にも有効

インフレになると、その物価上昇率に反比例して現金や預貯金の価値は目減りします。2015年現在、日本の国民金融資産は1600兆円であり、その約半数は預貯金であると言われています。

少しでもインフレ対応型の資産を組み入れておくことが自分の資産を守ることにもつながるのです。

一般的に不動産、株式、金などはインフレに強いといわれます。不動産を証券化したREITでは、不動産と同じ特性を引き継いでいます。

つまり、インフレになって不動産の資産価値が増加すれば売却益の増加につながりますし、賃貸料の引き上げも分配利益の増加に繋がります。したがって相対的に見ると、REITはインフレヘッジにも有効な金融商品であるといえるでしょう。

あとがき

小額から投資できて、かつ専門的な知識がなくても、手軽に参加できるのがREITのいいところですね。初めての不動産投資としてもおすすめできる投資対象の1つです。上手に資産運用をして生活をさらに豊かなものにしましょう!ここまでご覧いただき誠にありがとうございました。

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。