駐車場管理を選ぶ5つのメリット

shutterstock_154988729済

「土地があるんだけどどうにかうまく活用できないかな?」とお悩みのあなた!土地の有効活用として駐車場管理を考えてみてはいかがですか?
本記事では駐車場管理をすることのメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.少ない資金で始められる

不動産投資としてアパートやマンションを建てる場合には多額の資金が必要となりますが、駐車場経営ではその投資資金はかなり少なくて済みます。

例えば、更地に区画を区切る線を引いただけなら、ほぼ投資ゼロでも始めることができるのです。

もちろん、平面駐車場でもアスファルト舗装を施したりするとお金がかかりますし、コインパーキングも同様ですが、建物を建てることに比べるとその投資額は少ないといえるでしょう。

一定の土地の広さと使える資金の範囲内であればローリスクで経営することが可能です。既に活用していない土地をお持ちであれば、手軽に始められることが駐車場経営の最大の魅力といっても過言ではないでしょう。

2.毎月安定した現金収入がある

駐車場管理の形態には、大きく分けて月極駐車場とコインパーキングの2つがあります。

月極め駐車場であれば、空きが出なければ安定した高収益を見込むことができ、収入源のひとつとして役立ちます。

一方、コインパーキングでは自ら機材購入から運営管理まで行うことも可能ですが、ほとんどは事業会社に土地を貸して、毎月決められた賃料を得る形態となっています。

その場合、事業会社が機器取り付けから運営管理まで行うので手間もかかりません。土地の一括借上げ方式であれば、実際の駐車場の稼働状況にかかわらず、毎月一定の収益を得ることが可能です。


スポンサーリンク

 

3.どんな土地でもOK!

「ここは借り手がいないだろうな…」
「使い道のない土地なんだよなぁ…」

とお困りではありませんか?

最近は、街中でも住宅街でも大きな駐車場だけでなく、数台しか駐車出来ない小さな駐車場もよく見かけます。アパートやマンションが建てられない狭小地や変形した土地でも、駐車スペースであれば確保できるケースは少なくありません。

これまでは税金を払うだけの「マイナスの資産」だったのが、お金を生み出してくれる「プラスの資産」に生まれ変わるのです。また、その立地や周辺環境の変化などにより、大きな収益をもたらす可能性も十分ありえます。

4.転用が比較的簡単に出来る

アパートやマンション経営では借地借家法により、他の用途への転用が困難になります。

それに対して、駐車場は借地借家法の適応対象ではありません。

つまり、駐車場ではなく他の用途に転用しようと思えば、事前の通告のみで利用者を立ち退かせることが可能なのです。また更地への復帰も容易であることということも魅力ですね。

例えば、5年後に売却やマンション建設を考えている土地でも、それまでの間は駐車場として活用するというようなことだって出来るのです。
将来の目的に向けて、駐車場経営そのものがその資金作りにも役立つわけですから、その土地が持つ価値を最大限引き出すことが可能です。周辺環境の変化などにより、月極め駐車場からコインパーキングへの転用ということだって出来ますね。

5.相続対策にも有効である

駐車場は他の用途への転用や更地への復帰が容易であるということは、言い換えると換金しやすい資産であると言えます。

相続発生時に更地に戻し、売却して換金することで相続税の支払原資にもなります。また、砂利敷きの駐車場では、更地と同じ評価であり税法上メリットがないのですが、アスファルトやコンクリート敷きにすると建築物として扱われ、小規模宅地等の特例(貸付事業用宅地)の対象になります。

200㎡までの土地であれば50%減の評価となりますので、その分相続財産の評価を圧縮する効果もあります。例えば、3000万円の評価がある砂利敷きの土地であれば、アスファルトやコンクリートに変更すれば、1500万円の評価となるのです。相続税の控除額が縮小されたいま、有効な手段のひとつですね。

あとがき

土地の有効活用として、比較的手軽に始められる駐車場経営。そのメリットについて書きましたが、路上駐車や迷惑駐車の削減に寄与するという社会的貢献の側面も見逃せません。あなたに、そして社会に貢献する駐車場経営を始めてみませんか?以上「駐車場管理を選ぶ5つのメリット」でした。ここまでご覧頂き誠にありがとうございました。

投稿者:

taka

taka

投資、資産運用、オリンピックについてレポートしています。 他とは違った視点で皆様に新しい情報をお届けしていきます。どうぞよろしくお願い致します。