今旅行するならおすすめの物価の安い国3選

shutterstock_109642826済

海外旅行でのお楽しみといえば、皆さんは何ですか?現地の観光地、グルメ、ショッピングと、それぞれ様々な思いが旅の目的にはあるかと思います。旅をする目的で何であっても現地の物価は少しでも安い方がありがたいですよね。今回は、東南アジアの代表的な物価の安い国のおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

1.街並みが美しく清潔感がある、マーライオンで有名なシンガポール

2
出典:http://rockandsnow2.blog.eonet.jp/photos/hyoushi/2.html

シンガポールは東京23区程度の国土で、金融等の利権を活用し発展を遂げた国です。東南アジア諸国の中では、物価が高い方に入るシンガポールですが、そうは言っても、日本に較べればかなり安いです。チャンギ空港から市内中心部まで(30分)MRT(電車)日本円にして140円前後で移動できます(註:デポジット:0.1S$=8.7円がかかりますが、3回乗ると返却可能です)
食事は「ホーカー」と呼ばれている屋台(フードコート)がおすすめです。値段もかなり安く、しかも美味しい料理が食べられます。中華料理、マレー料理、インド料理、デザート、飲み物など、さまざまな種類の専門屋台があり、値段もS$3〜6とリーズナブルな価格です。

2.東南アジアではシンガポールに次ぐ経済大国、ほほえみの国タイ

01089
出典:http://www.thailandtravel.or.jp/about/outline.html

空港からバンコク市内までタクシー(初乗り80円前後)で1時間600バーツ=2,160円(1バーツ/3.6円)マッサージは1時間1000円程度。
タイは、近隣の国に較べても物価は安く、人件費の安さが価格に直結していると言われています。
バンコクのお洒落なカフェやレストランが集まるサイアムやスクンビット周辺は2,500円/1泊で、清潔な広々とした中級クラスのホテルに泊まれます。もっと料金を抑えたければ、世界中のバックパッカーが集まるカオサンという場所に行けば、低予算で長期間滞在する事ができる宿がたくさんあります。食事も屋台、フードコートを利用すれば300円でお腹いっぱいになります。


スポンサーリンク

 

3.東南アジア諸国の中では、断トツ物価の安い国、ベトナム

78fd43ef3abe25c7_S
出典:http://vietnam.navi.com/special/5041337

手作り感が魅力のバッグやサンダル、そしてオシャレな小物など、ベトナムの雑貨が格安で観光客に大人気です。アオザイなどオーダーメイドの服も翌日仕上げで5,000円というお買い得価格で購入することが可能です。
ホーチミンの中級クラスのホテルで、2,000円/1泊前後から泊まれます。
例えば地元の食堂であれば、一食100円から200円程度でお腹一杯食べることができます。ミネラルウォーターは500mlで25円~50円程度。ベトナムでは衣食住が他の東南アジア諸国と比べると安いのが魅力となります。

あとがき

ご紹介した「物価の安い国(地域)」は、言い換えれば衣食住にかかる費用を少ない予算でもなんとかなるという国と地域をあげました。「安い価格で旅したりすることが可能な国」ということで、全てのものが安いわけではありません。
また、生活者に近い感覚で長期滞在すれば、物価の安さをもっと感じることが出来るでしょう。それでは安全で楽しい海外旅行を!!

(hamham)

投稿者:

rock

rock

投資・資産運用についてレポートしています。 「初心者の方でもわかりやすく」をモットーに頑張りますのでよろしくお願いします!