プラチナ投資が選ばれる5つの理由

shutterstock_93911704済

以前から好まれていた投資の形として純金投資がありますが、近年ではプラチナ投資のサービスを提供する証券会社も増えています。
形としては、純金投資と同じように思えるプラチナ投資ですが、実は純金投資とは全く性格の違うものなんです。
本記事では近年、プラチナ投資を好む人が増えている理由を金投資と比較しながら紹介していきます!

スポンサーリンク

1.希少性がより高く、価値が上がることが期待できる!

プラチナ投資や純金投資は「実物資産」と呼ばれる資産運用の形で、現物の貴金属を売買して行う投資の手法です。
中でも、純金投資は従前から人気の高い投資商材の一つですが、プラチナ投資が好まれているのはその希少性によるものが一つの理由です。

プラチナの年間生産量は金に比べ5%程度で有限な資源であることから、今後の価値の上昇が期待できる、と言う事ですね。

2.価格の変動が大きく、投機的な投資が出来る!

希少性の高いプラチナは、価値の変動幅が大きく、短期的な売買でも利益を生むことができる投機的な意味合いでの投資でも好まれています。

より戦略的な投資が出来る面が、上級者の投資家がプラチナ投資を好む理由にもなっているのです。


スポンサーリンク

 

3.現物の価値あるプラチナを手に出来る!

プラチナ投資を取り扱う証券会社にもよりますが、プラチナを積立てていると売却する以外にも

  • プラチナ地金
  • プラチナコイン

と言った現物で引き出す事も出来ます。
純金よりも価値が高く、そして日本では人気の高い貴金属であるプラチナの現物を手にできると言うのもプラチナ投資の魅力のひとつです。

4.今後、より需要が高まって行く可能性が

プラチナの需要の多くが、貴金属としての需要よりもレアメタルとしての工業用の需要が占めています。

今後、より技術が発展し、後進国でも工業化が進んで行けば、プラチナの工業重要はおのずと高まり、プラチナの価値はより高くなって行くことが予想出来ます。

5.価格の予想が立てやすい

プラチナの原産国は、ロシアと南アフリカの2国が90%以上の生産量を誇っています。
つまり、プラチナ価格の予想を立てるのには、この2国の動向に注目しておけばよく、各国で生産されている純金よりも価値の予想が容易であると言えるでしょう。

このように、価値の変動の大きさが魅力の一つでもあるプラチナ投資ですが、現物資産は価値がゼロになる、と言うことはありえません。
リスクヘッジは立てやすい投資商材であると言え、初心者でも安心して取り組める投資の一つであることは言うまでもないでしょう。

(kikyou)

あとがき

本記事では最近人気が高まっているプラチナ投資について金投資と比較しながら説明しました。主にプラチナ投資の価格変動の大きさにやその希少性など、投資初心者から上級者まで多くの方に人気の理由がお分かり頂ければ幸いです。近々プラチナ投資の具体的な取引方法についての記事を更新予定ですのでどうぞよろしくお願い致します。
上手に投資をして生活をもっと豊かにしていきましょう!

投稿者:

kikyou

kikyou

投資、資産運用、借金についてレポートしています。 皆様のお役に立てさせて頂きたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。